農地転用許可申請ナビ-大阪・兵庫・滋賀-のご案内

大阪、兵庫、滋賀、京都、奈良の農地転用許可、農地法許可は行政書士事務所にお任せ下さい。

農地法3条の3第1項の届出について(相続等による農地の権利取得の届出)

農地法第3条の3第1項の届出は、農地を相続(遺産分割・包括遺贈)、法人の合併・分割、時効等で許可を受けずに農地の権利を取得した場合について農業委員会にする届出をいいます。

農地法第3条の3第1項の届出は、平成21年12月15日から、相続等で農地の権利を取得した方は、農業委員会にその旨を届出することが必要となりました。
これは、農業委員会が農地の所在を把握して利用を促すためのあっせん等を行い、かつ、農地の有効利用を図る観点から行われることになりました。登記地目・現況が農地の場合はすべて農地法第3条の3第1項の届出が必要となります。
届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合は、10万円以下の過料に処せられますのでご注意下さい。届出の期限は、権利取得を知った日から10ヶ月以内になります。許可・届出等で農地以外に転用して地目変更をしていない場合は農地ではありませんので地目変更の手続きを法務局で行なう必要があります。

<手続きの流れ>
農地権利取得者が、農業委員会に対して農地法第3条の3第1項の届出書を提出する
農業委員会が、農地取得権利者に対して受理通知書を発行する

<農地法第3条の3第1項の届出の対象者>
農地法の許可を必要とせずに農地の権利を取得した方

  • 相続(遺産分割、包括遺贈を含む)
  • 時効取得
  • 法人の合併、分割

<農地法第3条の3第1項の届出に持参するもの>
農地法の許可を必要とせずに農地の権利を取得した方

  • 農地法第3条の3第1項届出書
  • 遺産分割協議書等農地の権利を取得した状況を説明する書類
  • 印鑑
  • 行政書士の委任状(代理申請の場合)

<農地法第3条の3第1項の届出期間について>
権利を取得したことを知った日から10か月以内

【農地手続き代行業務の関連ページ】